トラウザーズハウススタイル

Igarashi Trousersのハウススタイルについて

皆様こんにちは。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
早速ではございますが、Igarashi Trousersのハウススタイルについて今回はご紹介いたします。

housestyledetails1

ややハイウエストで長い持ち出し、ポケットのラインとのバランスを計算した2プリーツ、特にプリーツはインプリーツがおすすめです。
インプリーツのルーツはもちろんイギリスにあり、ブリティッシュなディテールということができますので、打ち込みの強いHolland&Shellyのキャバリーツイルなどとの相性も抜群です。
こちらもブリティッシュな印象を強くすることができます。また、仕立ての面でも一般的にインプリーツとアウトプリーツではインプリーツのほうがクリースラインをきれいに出していくことが難しいとされています。
どちらにするかでお悩みの方は普段のお好みをお伺いすることで、最適な仕様をご案内いたしますので、ご安心ください。

housestyledetails2

プリーツのカンヌキ止めやサイドシームなどハンドステッチも多用していることで、ビスポークならではの柔らかで豊かな表情を楽しんでいただけます。
またほかにも、バックポケットは右のみ、こちらの仕様は左側のポケットを使わないという方が多いことから無駄を排除したことと、片側のみにポケットがあるとビスポークらしい表情を得られることから多くの方々に取り入れていただいております。
さらには片側のポケットが無いだけで、すっきりとした見た目となるだけでなく、ビスポークならではのラインの美しさを出すことができるため、周りの人から褒められたなど多くのお声をいただいております。

お問い合わせはこちらから

是非ともお気軽にお問い合わせください。